1DCAEのホームページ

1DCAEの紹介

日本機械学会では2002年から、設計研究会で、日本発のものづくりの仕組み構築を目指して製造業、大学、ベンダが一体となった活動を行っています。この活動を通して2007年頃から1DCAEのコンセプトが出てきました。最初に公になった論文としては東芝レビューの2012年7月号の記事があります。

1DCAEとは上流段階から適用可能な設計支援の考え方、手法、ツールで、1Dは特に一次元であることを意味しているわけではありません。物事の本質を的確に捉え、見通しの良い形式でシンプルに表現することを意味します。1DCAEにより、設計の上流から下流までCAEで評価可能となります。1DCAEでは、製品設計を行うに当たって(形を作る前に)機能ベースで対象とする製品全体(もの・ひと・場)を漏れなく表現し、評価解析可能とすることにより、製品開発上流段階での全体適正設計を可能とする。全体適正設計を受けて(この結果を入力として)個別設計(形を作る)を実施、個別最適設計の結果を全体適正設計に戻しシステム検証を行います。

最近では 1DCAEを具現化するツールも多く出てきています。Modelicaを中心としたモデリングツール、モデリングの前段階としての各種分析ツール、また、1Dと3Dとの連携ツール、さらにはものづくりを戦略的に考えるための手法等々広範囲に渡っています。

”1DCAEのホームページ”では上記の状況に鑑みて広義の1DCAEの視点に立った各種情報を”ものづくりをもっと良いものにしたい”と考えている技術者、研究者、経営者の皆様に提供します。

最新情報(学会イベント、講習会等)

1DCAE・MBDシンポジウム2020は12月10日(木)~12日(土)に【オンライン】で開催します 詳しくは追ってシンポジウムの頁でご案内いたします

1DCAEスクール)第3回(2020年度)ワクワクをデザインするを 2020年 10月22日(木)23日(金)に【オンライン開催】します

1DCAEスクール:Modelicaセミナ(2)Modelica入門を2020年9月11日(金)午後1時~午後5時に【オンライン開催】しました

デライトデザインの頁を追加しました

2020度の日本機械学会年次大会が、9/13 ~ 16 に名古屋大学 東山キャンパスにて開催されました 設計工学・システム部門主催のオーガナイズドセッション「価値共創に繋げる1DCAE・MBD」を行いました

1DCAEスクール:Modelicaセミナー(1)はじめてのModelicaを2020年6月8日(月)午後1時~午後5時に【オンライン】で開催しました

1DCAEスクール2020年度第1回は2020年4月23日(木)24日(金)に日本機械学会(信濃町)で開催します (本講習会は延期となりました)7月16日(木)、17日(金)に第2回と合同で【オンライン】開催しました

1DCAE実践講座(1DCAEスクール)第4回(2019年度)を 2020年 1月30日(木)31日(金)に日本機械学会(信濃町)で開催しました

1DCAE・MBDシンポジウムを12月4日(水)、5日(木)にミューザ川崎市民交流室で開催しました 次回は2020年12月11日(金)、12日(土)に川崎市産業振興会館で開催予定です→1DCAE・MBDシンポジウム2020は12月10日(木)~12日(土)に【オンラインで開催します】

履歴情報

モデリングの頁で下記情報を公開中です
  • 減衰の3形態とModelicaによるモデリング方法 (2020/5/22)
  • スイープ加振をModelicaで表現する (2020/5/22)
  • 非線形振動をModelicaで直接解く
  • 自励振動をModelicaで直接解く
  • 振動という現象
  • 熱伝導現象をMSLを用いて解く
  • 熱伝導現象をModelicaで直接解く
  • 伝熱という現象
  • MSL熱系ライブラリの使用例
  • MSL熱流体系ライブラリの使用例
  • MSL並進系ライブラリの使用例
  • Modelica標準ライブラリ(MSL)の概要
  • 方程式を解く(材力の知識を用いて振動特性を求める)
  • 方程式を解く(多自由度系の振動)
  • 方程式を解く(1自由度系の振動)
  • オブジェクト指向プログラミングとは
  • OpenModelicaのGUI画面(OMEdit)の構成
  • OpenModelicaをインストールする
Ashby法の頁で下記情報を公開中です
  • Ashby法と1DCAEによるものづくり
  • Ashby法とは
  • 材料力学の基礎知識とAshby法
  • 熱問題とAshby法
  • 弾性体振動とAshby法
  • ボートのオールの設計問題とAshby法
  • Ashby法に関するワークショップ参加報告@シンガポール(2016年12月)
  • Ashby法に関するワークショップ参加報告@ケンブリッジ(2017年4月)
  • テーブルの椅子の設計問題とAshby法
  • フライホイールの設計問題とAshby法
  • 蓄熱壁の設計問題とAshby法
  • 材料・プロセスの基礎知識と機械設計
  • 材料と形状の選定手順の基本概念
  • 曲げ剛性、ねじり剛性に関する形状係数
  • 曲げ強度、ねじり強度に関する形状係数
  • 材料と形状の選定法の具体例
  • Ashby法と1DCAEによる価値創造プロセス
  • Ashby法と1DCAEによる設計の基本概念
  • Ashby法視点でのDelight設計
  • 製品マップとAshbyマップ